まちの「美人」を探せ!月美人

Home > 美人弁天の活動 > 月美人 > あしかがフラワーパーク

アイコン 今月の月美人さん —「あしかがフラワーパーク」の美人さん

2011年7月 あしかがフラワーパークの美人さん

月美人とは

この「月美人」企画は、美人弁天を中心とした町おこしを目的としております。まちの元気を支える女性のみなさんに、毎月スポットライトを当てて、地域活性化を目指します。

2011年7月

あしかがフラワーパーク
神林 恵さん

HPはこちら

「日本一」とも言われる600畳敷の大藤が有名なあしかがフラワーパーク。昨年度来場者が100万人を突破した足利の観光を牽引するフラワーリゾートです。その館内ショップを運営するスタッフとして活躍されている神林恵さんが今月の月美人です。

あしかがフラワーパークが開園した1997年の4月に入社された神林さん。初年度のスタッフということもあり、フラワーパークの立ち上げから今日までの成長の過程を共に歩まれてきました。

「どんな施設になるのか、イメージゼロからのスタートでした」と語る神林さんは、足利市のお隣の群馬県太田市のご出身。「今では全く考えられないのですが、オープン当初の5年くらいの間は、皆さんに認知して頂くのにすごく時間がかかりました」と入社当初の頃のお話をうかがいました。その頃の経験からか、「お客様を迎える」喜びを感じながら、年々増える来園者の皆さんのために一生懸命頑張られてきました。ショップの運営においては、商品の選定や構成、自社製品の製造に加え、繁忙期のアルバイトさんを含めたスタッフの手配やシフトの管理等、お仕事の量も責任も重い役割を担われています。

「無我夢中でやってきたのですが、ようやく最近ではその忙しさの中でも冷静であれるようになってきました」と笑顔で語る神林さん。「お客様の旅の思い出のお手伝いをしている」という気持ちを常に持ちつつ、「お客様をお迎えしよう」と、自らの心を整えてのお仕事ができるようになったとおっしゃいます。

ショップの運営においては「アルバイトさんたちも、皆さんが働きやすい職場づくり」を意識されているとのこと。そんな神林さんからはお仕事とフラワーパークに対する情熱と愛情が伝わってきました。「どんなに疲れていても、藤の花を見るとほっとするんですよ」

イルミネーションをはじめ、今年の夏のイベントではレーザーショー等も行われ、藤以外の季節も賑わうあしかがフラワーパーク。「地域のみなさんに支えられてここまで来ました」と語る神林さんのような方々の力で成長し続けるのでしょう。

「今月もまた、素晴らしい「月美人」の取材ができました。この企画は、「美人弁天」を中心としたまちおこしを目的としたものです。皆様、どんどん自薦・他薦に関わらず、まちで頑張られている元気な女性をご紹介下さい。

 

あしかがフラワーパークのHPはこちら

  • 1,500株の紫陽花

    6月上旬から7月上旬は「ブルー&ホワイトガーデン」と題して1,500株の紫陽花(あじさい)が咲き誇っています。

  • 花菖蒲

    紫陽花同様初夏の花「花菖蒲」。その数なんと8万株、20万本!これからの季節はスイレンが楽しめるとのことです。

  • 神林さんとスタッフの皆さん

    神林さんとスタッフの皆さん。7/16よりFlower Fantasy in Sunmmer~夜の植物園~が開催されます。

月美人コンテストでは参加者を募集しています。自薦はもちろん他薦も可!私、またはあの人こそ!と思う方をどんどんご推薦ください。まちで頑張り、輝いている足利市または両毛地域の「心やさしく」「心美しい」女性を募集しています。

参加者の皆さまには豪華賞品が!

  • ●東京食品産業(株)の賞品
  • ●大麦ロアの賞品・商品券 ●ハウディーズ掲載店の商品券
  • ●ファイヤーライフ両毛 VISA商品券

【協賛会社のご紹介】

●東京食品産業(株)
カレーは美味しいエスビー食品
香辛料はエスビー食品
●大麦工房ロア
地元のお土産として喜ばれています。看板商品の「大麦ダクワーズ」・「バウムクーヘン」などの大麦を使った商品は、素朴ながら食感が最高です。ヘルシーでお友達へのちょっとしたプレゼントにも!!足利の名物です。テレビで話題!!「世界のモンドセレクション金賞受賞」
●ファイヤーライフ両毛
薪ストーブ両毛地区特約代理店。炎のある暮らし、ほほえみのあるスローライフ始めませんか?毎月第一日曜日クッキングスクール開催。AM10:30~PM12:30(参加費無料・予約不要)

主催:美人弁天町おこしの会  協力:ハウディーズ編集室