まちの「美人」を探せ!月美人

Home > 美人弁天の活動 > 月美人 > マツモト写真

アイコン 今月の月美人さん —「マツモト写真」の美人さん

2009年2月 マツモト写真の美人さん

月美人とは

この「月美人」企画は、美人弁天を中心とした町おこしを目的としております。まちの元気を支える女性のみなさんに、毎月スポットライトを当てて、地域活性化を目指します。

2009年2月

マツモト写真
松本 尚美さん

HPはこちら

足利市民の心のよりどころ、とも言える大日様、鑁阿寺(ばんな寺)のお堀に面したところにある写真館「マツモト写真」さん。そちらの「まだまだ修行中」と控え目におっしゃる、元気な若女将の松本尚美さんが、今月の「月美人」です。

大日様のお堀に面したロケーション。そこにたたずむ素敵なスタジオ。看板の文字は資生堂デザイナー村井和章氏によるもので、正面のデザインは足利市の建築文化賞を受賞されたとのこと。お話をうかがえば納得、の素敵なお店です。

七五三や成人式、証明写真等の撮影はもちろん、2代目のご主人のご専門である広告写真等、写真全般を幅広く扱われているマツモト写真さん。そちらの2代目に嫁がれた松本さんですが、ご実家も「ほんの数百メートル離れたところ」、という生粋の足利生まれの足利育ち。子供の頃はよく美人弁天で遊んでいらっしゃったとのこと。

2代目との出会いは何と中学校時代にさかのぼる、とのことですが、ご主人も松本さんも、大学進学後12年間、都内や海外でご活躍されていたとのこと。ご自身も銀行や外資系企業でご活躍されていました。そんな松本さんが、ご主人と足利に戻り、お2人、そしてご家族で素敵な写真館で頑張られています。

「足利が大好き」で、「そんなに足利が好きなら、足利で就職したら?」と都内のお友達にもよく言われていたという松本さん。「両親の近くで一生暮らせる」という喜びと、2代目のご主人の写真への情熱について笑顔で語られる姿が印象的でした。ほぼ1年を通じてお休みらしいお休みもほとんどなく、お仕事に打ち込まれていらっしゃるご主人、ご家族と共に働きながら、「今が一番自信を持って皆さんにおすすめできる仕事をしている」と語られる松本さんのお話をうかがっているだけで、元気を分けていただいたような気になりました。

「幸せな時」、「スペシャルな時」を歴史として保存してくれる写真。松本さんは、そんな「Happyの連続」を皆さんに提供する「もっと気軽に皆さんが来るような写真館」を目指されているとのこと。

足利市に限らず、地方では人が外に出て行ってしまい、帰って来ないことが寂しい問題だと言われています。しかし、松本さんのような素敵な方が、都会から「美人弁天」のもとに戻られ、ご活躍されている姿を見ると、足利の未来に明るい光が差したような気になりました。

今月もまた、素敵な「月美人」をご紹介できました。皆様、どんどん自薦・他薦に関わらず、まちで頑張られている元気な女性をご紹介下さい。

 

マツモト写真さんのホームページはこちら

  • 足利市の建築文化賞を受賞

    足利市の建築文化賞を受賞されたというマツモト写真さんのスタジオ外観です。

  • 洗練されたデザイン

    桜の季節は、洗練されたデザインの看板が鑁阿寺の桜をバックに更に引き立ちます。

  • ぐずってしまう小さなお子さんは、松本さんが笑顔であやすそうです。

    ぐずってしまう小さなお子さんは、松本さんが笑顔であやすそうです。

月美人コンテストでは参加者を募集しています。自薦はもちろん他薦も可!私、またはあの人こそ!と思う方をどんどんご推薦ください。まちで頑張り、輝いている足利市または両毛地域の「心やさしく」「心美しい」女性を募集しています。

参加者の皆さまには豪華賞品が!

  • ●東京食品産業(株)の賞品
  • ●大麦ロアの賞品・商品券 ●ハウディーズ掲載店の商品券
  • ●ファイヤーライフ両毛 VISA商品券

【協賛会社のご紹介】

●東京食品産業(株)
カレーは美味しいエスビー食品
香辛料はエスビー食品
●大麦工房ロア
地元のお土産として喜ばれています。看板商品の「大麦ダクワーズ」・「バウムクーヘン」などの大麦を使った商品は、素朴ながら食感が最高です。ヘルシーでお友達へのちょっとしたプレゼントにも!!足利の名物です。テレビで話題!!「世界のモンドセレクション金賞受賞」
●ファイヤーライフ両毛
薪ストーブ両毛地区特約代理店。炎のある暮らし、ほほえみのあるスローライフ始めませんか?毎月第一日曜日クッキングスクール開催。AM10:30~PM12:30(参加費無料・予約不要)

主催:美人弁天町おこしの会  協力:ハウディーズ編集室